大阪市長に提言 校長に聞く 競争だけが教育か

大阪市淀川区の市立木川南小学校(児童数140人)の久保敬校長(59)が、松井一郎市長に送った教育行政への提言書が注目されている。3回目の緊急事態宣言で市長がオンライン授業で緊急事態宣言に対処する方針を打ち出したことで、「学校現場は混乱を極めた」と指摘。さらに、子どもが過度な競争にさらされている現状を憂え、「競争に打ち勝った者だけが『がんばった人間』として評価される。そんな理不尽な社会であっていいのか」と問いかける。松井市長は処分の可能性にも言及したが、共感の輪は全国に広がっている。提言の真意について、久保校長に話を聞いた。

久保校長は提言書の中で、オンライン授業を指示した市の方針について「通信環境の整備など十分に練っていないまま場当たり的な計画で進められており、学校現場では今後の進展に危惧していた」と指摘。市長発言を発端にお粗末な状況が露呈したことで「学校現場は混乱を極め、保護者や児童生徒に大きな負担がかかっている」と訴える。

木川南小学校に1人1台の端末が配られたのは1月中旬。2月20日にオンライン授業を試したが、回線の容量不足のために「動画が動かない」「先生の音声が切れて分からない」などのトラブルが続出したという。

「Wi-Fi環境のない家庭には貸し出してくれるとのことでしたが、他校からも申し出があり、予備は1台もないと言われました。しかも低学年の場合は、親がいないと起動させることも難しいので、働く保護者の負担も大きい。これでは、全面オンライン授業は無理だと思っていたところに、市長発言でした」

現場の状況を知らない松井市長が「全小中学校でオンライン授業を行う」と報道陣に表明したのは4月19日。このれを受け、市教委が22日に打ち出した方針は「午前中は自宅でオンライン授業かプリント学習を行い、給食を食べるために登校し、家庭の要望があれば児童を校内で預かる」という内容だった。 提言にはこう書かれている。 「子どもの安全・安心も学ぶ権利もどちらも保障されない状況をつくり出していることに、胸をかきむしられる思いだ」と。

久保校長

 

●児童らないがしろ

 

「市長がオンライン授業をやると言えば、現状では無理だとわかっていてもやらなければならないという空気があるのでしょう。そんな大人の都合ばかりを張り合わせた内容でした。感染リスクを下げるためなら、なぜ給食のために登校させるのか。子どもの感染予防は中途半端だし、学びについても十分な保障ができない。しかも集団登校ではなく、一人で登校することになるため、交通安全も保障しにくくなる。なにより、子どもたちの生活リズムがおかしくなり、保護者や子どもの負担がかかると思ったのです」

久保校長は市教委の方針には従わず、「通常通りの時間で集団登校をし、4時間の学習をした後、給食を食べて午後2時ごろ帰宅」を決めた。運用を始めた4月26日に保護者にアンケートしたところ、回答した128人のうち1人を除いて、「いつも通りの集団登校に賛成」と答えている。  

 

●信頼が教育の「原点」

 

久保校長の提言は、教育行政の問題にも触れ、「学校は、グローバル経済を支える人材という『商品』を作り出す工場と化している。そこでは、子どもたちはテストの点で選別される『競争』にさらされる。教職員は、子どもの成長にかかわる教育の本質に根ざした働きができず、喜びのない何かのためかわからないような仕事に追われ、疲弊していく。さらには、やりがいや使命感を奪われ、働くことへの意欲さえ失いつつある」と主張。それゆえ「今、価値の転換を図らねば、教育の世界に未来はないのではないか」と問いかけている。

さらに、「社会の課題のしわ寄せがどんどん子どもや学校に襲いかかっている」として、虐待や不登校、いじめ、10代の自殺が増えていることを指摘し、こう警告している。

「子どもたちを生きづらくさせているものはなんであるのか。私たち大人は、そのことに真剣に向き合わなければならない。過度な競争を強いて、競争に打ち勝った者だけが『頑張った人間』として評価される。そんな理不尽な社会であっていいのか。誰もが幸せに生きる権利を持っており、社会は自由で公正・公平でなければならないはずだ。『生き抜く』世の中ではなく、『生き合う』世の中でなくてはならない」

全国学力テストなどについても「数値化して評価することは人と人との信頼や信用をズタズタにする」としてやめるべきだと主張、「子どもたちと向き合う本来の教育に戻ろう」と呼びかける。

久保校長が実名で提言書を送ったのは5月17日。それまでに3回、市の「市民の声」窓口に実名・肩書を記してメールしたが、方針が変わらないため、市長に直接手紙を書こうと思ったという。

「最初はオンライン授業のことで、と考えていたがいろんなことが浮かんできて、いつから大阪はこんな教育になってしまったのか。今年で退職なので、自分は今まで何をしてきたんやろか、と。違和感を持ちながらも、正直な気持ちを言ってこなかったなあ。子どもたちには『いろんな意見があるのだから、自分の考えを言って話し合うことが大事だ』と言ってきたのに、自分自身はごまかしてきたなあと。いつか時代の流れが変わったらと何とかなると思ってきたのではないか。そんな自分が許せないというのが一番の動機でした」

さらに、久保校長は「戦前戦中の教師はなぜ、教え子に死んで来いと戦場に送り出したのか不思議だったのですが、今は武器こそ持たないけれど、勝ち抜いて来いと送り出している自分も同じ加担している側の人間ではないかと思うのです。勝ち抜く子がいれば勝ち抜けない子もいる。沈黙していることは賛同していることだと気づいたのです」

関連記事




ページ上部へ戻る