うずみ火とは?

「うずみ火」とは・・・

「灰に埋もれた炭火」のこと。「埋み火」「埋火」とも書きます。

その昔、火の神をまつる囲炉裏の火は絶やしてはならないとされてきました。

そのため、寝る前に火種を消すことなく囲炉裏の灰の中に埋め、火種を守ったということです。

灰の中に埋もれた火種は消えません。消えることなく、翌朝、新たな火種となる・・・。

戦争体験者の平和を願う思いを私たちの代で受け継ぎ、消すことなく次の世代へバトンタッチしたいと、「うずみ火」と題した月刊の新聞を発送しています。

2021年2月号

「新聞うずみ火」とは・・・

32ページの小さな「新聞」だが、一人ひとりの生活の大切さ、生活の中の喜怒哀楽を紙面に盛込んでいきたい。

黒田清さんの命日である毎月23日に発送しています。

毎月300円であなたにお届けしています。

定期購読はこちら

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 熊本の被災者支援に尽力、防災担う若者育て続ける 兵庫県立大院教授を3月退官・室崎益輝さん

    2022-1-18

    熊本の被災者支援に尽力、防災担う若者育て続ける 兵庫県立大院教授を3月退官・室崎益輝さん

    Published by 熊本日日新聞 防災の専門家として、1995…
  2. 2022-1-17

    阪神・淡路大震災27年 行方知れずの母「心の時計は止まったまま」

    6434人が亡くなった阪神・淡路大震災は1月17日、発生から27年を迎えた。神戸市中央区の東遊園地で…
  3. 警察や検察のやらない範囲をやるのが報道だ! その信念を貫いた「武器輸出」報道 読売新聞大阪社会部(1981年) [ 調査報道アーカイブス No.48 ]

    2022-1-14

    警察や検察のやらない範囲をやるのが報道だ! その信念を貫いた「武器輸出」報道

    Published by Frontline Press◆「警察や検察が手出しできんもんをやるのが新…




ページ上部へ戻る