うずみ火とは?

「うずみ火」とは・・・

「灰に埋もれた炭火」のこと。「埋み火」「埋火」とも書きます。

その昔、火の神をまつる囲炉裏の火は絶やしてはならないとされてきました。

そのため、寝る前に火種を消すことなく囲炉裏の灰の中に埋め、火種を守ったということです。

灰の中に埋もれた火種は消えません。消えることなく、翌朝、新たな火種となる・・・。

戦争体験者の平和を願う思いを私たちの代で受け継ぎ、消すことなく次の世代へバトンタッチしたいと、「うずみ火」と題した月刊の新聞を発送しています。

2021年2月号

「新聞うずみ火」とは・・・

32ページの小さな「新聞」だが、一人ひとりの生活の大切さ、生活の中の喜怒哀楽を紙面に盛込んでいきたい。

黒田清さんの命日である毎月23日に発送しています。

毎月300円であなたにお届けしています。

定期購読はこちら

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2022-5-22

    「犯行動機は韓国人への悪感情」検察側が主張 ウトロ放火事件で初公判

    京都府宇治市のウトロ地区で昨年8月、7棟が全焼した火災で、非現住建造物等放火罪に問われた奈良県桜井市…
  2. 2022-5-20

    「もう一度戦争をやらなければわからないのかと思いました」瀧本邦慶さんが遺した講演から(4)

    最前線のトラック島に送られた海軍兵の瀧本邦慶さん。連日のように空襲に見舞われ、食べる物もない。骨と皮…
  3. 2022-5-18

    「『貴様らが死んでも1銭5厘の葉書一枚でいくらでも補充できる』と上官は言った」瀧本邦慶さんが遺した講演から(3)

    1942年6月のミッドウェー海戦で日本海軍は4隻の空母を失った。空母「飛龍」に航空整備兵として乗船し…



ページ上部へ戻る