うずみ火とは?

「うずみ火」とは・・・

「灰に埋もれた炭火」のこと。「埋み火」「埋火」とも書きます。

その昔、火の神をまつる囲炉裏の火は絶やしてはならないとされてきました。

そのため、寝る前に火種を消すことなく囲炉裏の灰の中に埋め、火種を守ったということです。

灰の中に埋もれた火種は消えません。消えることなく、翌朝、新たな火種となる・・・。

戦争体験者の平和を願う思いを私たちの代で受け継ぎ、消すことなく次の世代へバトンタッチしたいと、「うずみ火」と題した月刊の新聞を発送しています。

2021年2月号

「新聞うずみ火」とは・・・

32ページの小さな「新聞」だが、一人ひとりの生活の大切さ、生活の中の喜怒哀楽を紙面に盛込んでいきたい。

黒田清さんの命日である毎月23日に発送しています。

毎月300円であなたにお届けしています。

定期購読はこちら

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2021-9-12

    ピースおおさか開館30年 大阪空襲の追悼銘板に101人追加

    大阪空襲を語り継ぐ平和ミュージアム「大阪国際平和センター(ピースおおさか)」で9月12日、開館30周…
  2. 2021-8-14

    戦後76年 京橋駅空襲「生きる地獄」向かい合う

    1945年8月14日午後1時過ぎ、大阪上空に145機のB29爆撃機が来襲。目標は当時「東洋一の軍需工…
  3. 2021-8-14

    敗戦の前の日に最後の大空襲「京橋駅空襲」から76年

    終戦前日に数百人の命を奪った「京橋駅空襲」の慰霊祭が8月14日、大阪市城東区のJR京橋駅南口近くの慰…




ページ上部へ戻る