「うずみ火講座」再開 11月6日(土)久保敬校長が「今、教育を問い直す~『生き合う』社会をめざして」

大阪市立木川南小学校の久保敬校長を講師に招き、「競争」にさらされる公教育について考える「うずみ火講座」が11月6日(土)、PLP会館で開講します。演題は「今、教育を問い直す~『生き合う』社会をめざして」です。

緊急事態宣言下で市が急きょ導入したオンライン学習を巡り、「学校現場が混乱した」と市長に提言した久保校長が市教委から処分を受けたことは10月号でお伝えしました。
提言の真意は何だったのか。子どもたち一人ひとりがより良く生きるためには、学校はどうあればよいのか。学校の今の姿からより良い未来の姿を、一緒に考えてみませんか。

久保校長

久保校長

当日は、新型コロナ感染防止のため、先着50人。参加希望者はうずみ火事務所にお申し込みください。オンライン視聴も行う予定です。
【日時】11月6日(土)午後2時~
【会場】大阪市北区天神橋3丁目のPLP会館4階(JR天満駅から徒歩5分、地下鉄扇町駅から徒歩4分)
【資料代】読者1000円、一般1200円、学生・障害者700円、オンライン500コロナ禍で中断していた「うずみ火講座」を11月6日(土)に再開します。

オンライン申込みは以下の写真をクリックしてください。

関連記事




ページ上部へ戻る