カテゴリー:平和

  • 戦争の断片「10・10空襲」 消えた故郷 米軍の港に

    「空襲だ、空襲」 近所の大人たちが叫んでいる。着のみ着のまま飛び出すと、「ドドーン」という爆撃の音が轟き、那覇港で黒煙と炎が上がった。 11944年10月10日の朝、沖縄本島の東、約280キロ沖に米軍艦隊24…
  • 大阪で慰霊法要 空襲の記憶 語り継ぐ

    太平洋戦争末期、8回を数える大阪大空襲で最も凄惨な無差別攻撃と言われる第3次大空襲から74年となる6月7日、旭区の城北公園にある「千人塚」近くの常宣寺で慰霊法要が営まれ、遺族や地元住民ら約70人が参列した。  (矢野宏)…
  • 旧真田山陸軍墓地 保存へようやく動き

    JR大阪環状線玉造駅から徒歩約5分。真田山に、石の墓標が林立する一角がある。旧真田山陸軍墓地だ。敷地面積1万5090平方メートルで、全国で90カ所以上あったとされる陸軍墓地の中で最大規模。設置されたのは1874(明治4)…
  • 新聞うずみ火ニュースデフォルトイメージ

    宮古島・奄美大島 南西諸島 進む基地開設

    「防衛の空白を埋める」などとして政府が南西諸島で進める陸上自衛隊の配備計画。3月末には宮古島と奄美大島に新しい基地が開設された。現地を取材した。(栗原佳子) クリーム色の外壁と赤瓦の屋根。3階建ての真新しい隊舎が並…
  • 玉本英子さん講演「IS支配地域はいま」

    新聞うずみ火主催の「うずみ火講座」が2月9日、大阪市此花区西九条のクレオ大阪西で開かれ、20年以上中東の紛争地で取材を続ける映像ジャーナリストの玉本英子さんが「IS支配地域はいま」と題して講演した。玉本さんはフリージャー…
  • 特集 沖縄県民投票 若者主導「基地No」

    沖縄県名護市辺野古の新基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票が2月24日投開票され、埋め立て「反対」が43万4273票に上り、投票総数の7割を超えた。県民が新基地建設に対して明確に「NO」を突きつけたにもかかわらず…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2021-5-29

    YouTube「ニュースなラヂオ動画班」は、「ウィシュマさんの死を無駄にしないために」

    一度もお会いしたことがない、二度とお目にかかることもできないウィシュマさんに、せめて手を合わせ、冥福…
  2. 2021-5-9

    「入管法改悪反対」「収容しないで」弁護士や人権団体が大阪で抗議のデモ

    不法に在留する外国人の収容などを見直す出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案について、衆院法務委員…
  3. 2021-5-9

    大阪の医療現場から切実な声「すでに命のトリアージが始まっている」~ニュースなラヂオ動画班

    大型連休中も一向に収まらなかった新型コロナウイルス感染拡大。特に、大阪では新規感染者10人のうち1人…



ページ上部へ戻る