カテゴリー:平和

  • 「元徴用工」原告女性の訴え 戦後も偏見の苦しみ

    日韓対立は改善の兆しが見られない。一昨年10月の元徴用工判決が発端となり、日本政府は輸出管理を強化し優遇対象国から韓国を除外、韓国は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定した。失効は回避されたが、韓国内にあ…
  • 西宮で開かれたイベント

    ゴジラと憲法「自衛隊の戦略」 被害抑止へ知恵絞る

    2019年11月3日、ゴジラは生誕65周年を迎えた。東京では「ゴジラ・フェス2019」が盛大に開かれ、関西でも兵庫県西宮市でイベントが開催されて多くのファンが足を運んだ。この65年間、日本で制作された実写版の映画は29作…
  • 「夜間中学」放送から50年 療養中の兄励ます 向学心に燃える母

    「兄の容態が良くないとの連絡が入りました。これから上京します」 大阪市東成区の会社員、金春実さん(60)から連絡が入った。在日2世の金さんは7人きょうだいの末娘。上の6人は男ばかりで、66歳の5男が胆管がんを患い、長い…
  • 空襲体験者が描いた絵画

    空襲記録する会全国大会 体験が示し語る恐怖

    全国各地で空襲を語り継ぐ活動をしている人たちが集う「第49回空襲・戦災を記録する会全国連絡会議・山梨大会」が8月31日と9月1日、甲府市の山梨学院大で開かれた。21都道府県から参加した約100人が甲府空襲の体験者による講…
  • 徴用工問題 5憶ドルは経済協力金

    安倍政権が徴用工問題の報復措置として対韓輸出規制強化に踏み切ったことに端を発し、日韓関係は悪化の一途をたどっている。在日コリアンの人権問題などに取り組む「コリアNGOセンター」事務局長の金光敏(キム・グヮンミン)さん(4…
  • 大垣空襲と福山空襲74年 地方都市の戦禍記録

    敗戦から74年。戦禍を生き抜いた人たちの高齢化が進むなか、その「記憶」を「記録」にと、この夏、空襲で甚大な被害を受けた岐阜県大垣市と広島県福山市を訪ねた。(矢野宏) 大垣市は濃尾平野の西側に位置し、水陸交通…
  • 京都アニメ放火殺人 若者の夢奪った凶行

    京阪電鉄宇治線六地蔵駅の北側に広がる住宅街に立つ明るい黄土色をした3階建てビル。世界のアニメファンに「KYOANI」で親しまれる映像製作会社「京都アニメーション」(本社・宇治市)の京都市伏見区にある第1スタジオだ。多くの…
  • 絵手紙に匿名の苦情 護憲・反核は政治信条?

    74年前の7月10日に堺市を襲った「堺大空襲」で母と弟を亡くした浜野絹子さん(79)=大阪府茨木市=は語り部活動とともに、公民館の教室などで絵手紙を指導している。生徒たちと年1回、展示会を開いているが、2年前に「政治信条…
  • 徴用工問題 個人請求権は消滅せず

    日本政府が韓国に対し、半導体材料などの輸出規制に踏み切って以降、両国関係は悪化の一途をたどっている。日本の対応の背景に徴用工問題があることは明らかだ。安倍首相は元徴用工の請求権について「1965年の日韓請求権・経済協力協…
  • 石垣島の潮平正道さん 鉛筆画で伝える戦争

    沖縄・石垣島(石垣市)在住の美術家、潮平正道さん(86)が自身や市民が体験した戦争体験の鉛筆画を描き続けている。若い世代に伝えるためにも、絵は大きな力になるという思いからだ。石垣島での戦時中の映像や写真は皆無に近い。これ…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2021-5-29

    YouTube「ニュースなラヂオ動画班」は、「ウィシュマさんの死を無駄にしないために」

    一度もお会いしたことがない、二度とお目にかかることもできないウィシュマさんに、せめて手を合わせ、冥福…
  2. 2021-5-9

    「入管法改悪反対」「収容しないで」弁護士や人権団体が大阪で抗議のデモ

    不法に在留する外国人の収容などを見直す出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案について、衆院法務委員…
  3. 2021-5-9

    大阪の医療現場から切実な声「すでに命のトリアージが始まっている」~ニュースなラヂオ動画班

    大型連休中も一向に収まらなかった新型コロナウイルス感染拡大。特に、大阪では新規感染者10人のうち1人…



ページ上部へ戻る