2025年大阪・関西万博まで3年半 夢洲は今…夢よりも膨らむ負担 

2025年大阪・開催万博の開幕まで3年半を切った。会場となる大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」は、カジノを中核とする統合型リゾート(IR)の候補地でもある。大阪市の「負の遺産」と言われるが、どんな島なのか、どこまで工事が進んでいるのか、大阪湾に浮かぶ人工島を訪ねた。

万博やIRカジノに反対する団体や市民でつくる「夢洲の都市計画変更を考える市民懇談会」(夢洲懇談会)のメンバーで名古屋市立大名誉教授の山田明さん(73)=大阪市淀川区=と待ち合わせたのは大阪府咲洲(さきしま)庁舎。地上252㍍の展望台から夢洲が見下ろせる。

夢洲は東西2・5㌔、南北1・8㌔。広さは391㌶で、甲子園球場100個分に当たる。

大阪市が建設残土や廃棄物の処分場として使うため、1977年に埋め立て免許を取得し整備を始めた。83年には市制100周年記念事業の一つとして、北側にある舞洲(まいしま)、南の咲洲を含む3島を「国際情報都市」にする計画が持ち上がったが、バブル崩壊で企業進出が進まず、計画は頓挫した。

さらに、2008年の五輪を大阪に招致し、夢洲を選手村として使ったあと住宅地にする構想も失敗。市が埋め立てなどに投じてきた費用は約3000億円にも上るため、夢洲は「負の遺産」と呼ばれてきた。

府と市は17年に「夢洲まちづくり構想」を発表、万博とIRの誘致をセットで進めてきた。夢洲の南側部約100㌶を万博会場とし、北側約70㌶にIRを誘致する計画だ。18年に万博開催が決定。25年にIR同時開業という当初の目論見は外れている。

構想ではIRは年間1500万人集客、万博は25年4月13日からの半年間で2800万人動員、13万2千人の雇用を創出するという青写真だ。

■物流の重要拠点

造成工事の進む島の東岸にはコンテナが積み上げられていた。

東岸にはカラフルなコンテナが積み上げられていた

「西日本最大級のコンテナふ頭です。水深が深くて大阪港で唯一、大型コンテナ船が入れるんです」と山田さん。正式名称は「夢洲コンテナターミナル」。全長1350㍍、水深16㍍の岸壁を備え、大阪港のコンテナ取扱量の約4割を扱う。

夢洲に通じる道は舞洲と結ぶ「夢舞大橋」と、咲洲との間を海底でつなぐ「夢咲トンネル」。どちらも徒歩や自転車では入れないため、咲州庁舎前からタクシーに乗って夢洲の中央部を目指した。

 

夢咲トンネルは全長約2㌔の海底トンネル。片道2車線で一般車両を見かけることはなく、大型のトラックばかり。ほどなくトンネルを抜け、夢洲に上陸した。

島のほぼ中心部は、万博会場の玄関口となる北港テクノポート線「夢洲駅」(仮称)の建設現場だ。24年度の完成を目指し、20年7月に着工。列車が走る夢咲トンネルは開通しており、地下鉄中央線とつなぐ工事が急ピッチで進められている。

地上に作業員の姿が見当たらないのは、ほとんどが地下で作業しているからだ。

 

林立する巨大クレーン。その下には深く大きな穴が開いており、鉄骨が縦横に組まれていた。

その隣に白い土に覆われた区間がある。万博予定地で、各国のパピリオンが建設される場所だ。

海や河川の底を掘り起こした浚渫土(しゅんせつど)を投入してきた軟弱地盤だったため、地中の水を抜かなければならない。17万5000本もの「排水ドレーン」を地面に埋め込んで圧力を加えたあと、盛り土しているのだ。

「今後1年ほど放置することで、さらに地盤を圧縮するそうです」

各国のパピリオンが建設される予定地

タクシーで車道を走ると、大型トラックが絶え間なく行き交っている。普通車すら走っておらず、ほぼトラックオンリーの世界である。島の幹線道路の片側2車線の左側はコンテナターミナルに入る大型トラックが途切れることはない。タクシーも夢舞大橋を渡って舞洲に渡るまで20分ほどかかった。

「今でも渋滞しているのに、パピリオン建設が始まれば最大で工事車両が1日1600台増えると言われています。夢舞大橋を現在の4車線から6車線に拡幅する予定ですが、時期は未定です。物流が後回しにならなければいいのですが」

 

■かさむ土地改良

津波や液状化、台風などの懸念もある。災害対策は万全なのか。18年秋に関西国際空港の一部が水没した台風21号では、夢洲でも防波堤を超えた高潮による浸水被害のほか、51・3㍍の強風でコンテナヤードが倒壊した。かさ上げ対策をしているというが、大阪湾は地盤が弱く、関空も地盤沈下が問題になっている。

財政負担も拡大の一途だ。

国は、万博の会場建設費が当初見込みの1・5倍の最大1850億円に膨らむと発表した。国、大阪府・市、経済界が3分の1ずつ負担するため、市の負担は最大100億円増となる。

主な理由が、万博会場をぐるりと囲むリング状の大屋根(1周約2㌔)の建設。雨や日差しを防ぎ、大屋根の上を歩いて「空中歩廊」としても楽しめるよう追加で設置を決まったというが、山田さんは「安易すぎる」と怒りを隠せない。「万博後に撤去する大屋根で350億円というコストはあまりにも巨額過ぎます」

また、夢洲へのシャトルバス専用道として市が整備している高速道路「淀川左岸線」2期工事でも土壌汚染が確認され、当初の整備費約1100億円は約1800億円となる。

ここにきて、IR予定地の汚染土壌を800億円かけて土地改良することも判明した。市が全額負担するという。万博のインフラ整備を大義名分にし、IRカジノ整備のためにどれほどの税金が投入されるのか。

関連記事




ページ上部へ戻る