京アニ放火殺人事件 容疑者の足跡を追う

京都アニメーションでの放火殺人の実行犯、青葉真司容疑者(41)は重体で京都府警の聴取も進まない。お盆に男の足跡を大型バイクで追った。 (ジャーナリスト 粟野仁雄)

台風10号の突風に用心しながらCB1100で圏央道を走って茨城県西部の坂東ICを降りて水田地帯を南下した。目指したのは、現在、別の男性と再婚している、青葉真司容疑者の母親のTさんだ。立派な一軒家は不在だった。「あの事件以来、戻ってこないですよ。ずいぶんとマスコミさん来ましたよ」とは隣家の女性。取材陣が押し掛けたために周囲の人は知ることになる。近所の若い男性は「あんな事件を起こされたら戻れないでしょう」。離婚後も青葉容疑者はTさんを頼っており、家賃を立て替えていた時期もあった。しかし強盗事件で縁を切ったらしい。強盗事件から3年。世を震撼させる大事件を起こしたのが、腹を痛めたわが子と知ったTさん。どんな思いだろうか。

青葉容疑者は1978年5月、さいたま市緑区で生まれた。二つ上の兄と一つ下の妹がいた。Tさんは市内の幼稚園で調理師として働くうち、園の送迎バスの運転手だった、かなり年上で妻子のあるSさんに見染められ結婚した。世にいう駆け落ちだが、3人の子宝に恵まれながらも青葉容疑者が小学5年の頃に離婚する。筆者は同級生を探せなかったが、「週刊新潮」によれば、小学校の同級生は「自宅はゴミ屋敷。貧乏そうで服はいつも同じだった。クラスでも浮いた感じだった。コンビニとかでの万引きに誘われて驚いた」などと話している。

とはいえ近所では「明るい子供だった」という声も聞いた。長身で体格もよい青葉容疑者は小学校時代に柔道教室に通った。だが、ここで今も柔道を指導する弁護士は「当時、青葉真司君を指導していた先輩らに聞いたが、あまり記憶に残る特徴的な子ではなかったようだ」と話す。東浦和中学では柔道部に入った。週刊新潮によれば、柔道部仲間は「稽古熱心だったがあまり強くない。反則技が多くて部員と揉めることが多かった」などと話している。しかし、突然消えるように市内の別の中学に変わった。同じ緑区の別のアパートに転居して父と妹と3人で暮らすも、次第に登校しなくなる。

固定ページ:

1

2 3
うずみ火の定期購読が下記からクレジットでできるようになりました。 新聞うずみ火2020年12月号

関連記事



ページ上部へ戻る