タグ:自民党

  • ヤマケンのどないなっとんねん「密約・忖度政治はやめよ」

    安倍前首相が大叔父の佐藤栄作元首相が持っていた首相連続在任日数記録更新を待っていたかのように持病再発を理由に辞任表明し、9月14日菅義偉前官房長官が勝ち馬乗りの派閥連合で自民党総裁に選出され、その流れで16日に首相に指名…
  • 検事長定年延長の背景 検察人事に「禁じ手」

    黒川弘務・東京高検検事長(63)の定年延長を決めた閣議決定に対し、疑念が広がっている。不可解な検察人事はなぜ行われたのか、背景には何があるのか。時事通信解説委員の山田恵資さんは「官邸、特に菅官房長官の意向による法務官僚人…
  • 検察庁法改正案 批判高まり今国会見送りへ

    検察官の定年を延長する検察庁法改正案をめぐり、元検事総長らが反対する異例の意見書を法務省に提出。ツイッター上でも多くの著名人を巻き込んだ抗議の投稿が相次ぎ、ネットデモという様相を見せている。政府は5月18日、今国会での成…
  • 新型コロナ特措法 強権的首相への危惧

    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、首相が緊急事態宣言できる「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の改正案が3月13日に成立、翌日施行された。宣言が出れば、集会や移動の自由など私たちの権利が制限される。なぜ、政府・与…
  • 安保法違憲訴訟・大阪 原告敗訴、憲法判断避ける

    「司法は憲法擁護義務を果たせ」と書かれたプラカードを掲げ、大阪地裁前で抗議の声が響いた。「不当判決を許さないぞ」「戦争法は憲法違反、無効だ」ーー。集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は憲法違反だとして大阪在住の戦争体…
  • 桜を見る会前夜祭 説明のたび深まる疑惑

    首相主催の「桜を見る会」の前日に安倍首相の後援会が開いた「前夜祭」をめぐる問題。ホテルニューオータニでの立食パーティーで、会費5000円で800人が参加したとされ、安倍首相はホテル側とやり取りした明細書についても「そうし…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2021-9-12

    ピースおおさか開館30年 大阪空襲の追悼銘板に101人追加

    大阪空襲を語り継ぐ平和ミュージアム「大阪国際平和センター(ピースおおさか)」で9月12日、開館30周…
  2. 2021-8-14

    戦後76年 京橋駅空襲「生きる地獄」向かい合う

    1945年8月14日午後1時過ぎ、大阪上空に145機のB29爆撃機が来襲。目標は当時「東洋一の軍需工…
  3. 2021-8-14

    敗戦の前の日に最後の大空襲「京橋駅空襲」から76年

    終戦前日に数百人の命を奪った「京橋駅空襲」の慰霊祭が8月14日、大阪市城東区のJR京橋駅南口近くの慰…




ページ上部へ戻る