<大阪市廃止を問う住民投票>告示日の吉村知事の第一声に言葉失う

維新代表の松井一郎・大阪市長も「この10年だけなんです、大阪の歴史の中で。それ以前はバラバラで、皆さんのお金でお互い高いビルを建てた。それらのビルだけでも2000億円のお金がドブに捨てられてきたのです」

WTCの着工は1991年、GTBは92年で、いずれもバブル期。反「都構想」の論客である元大阪市議の柳本顕さんは、「バブルに踊らされた府と市が政策を誤ったのであって、二重行政の弊害ではない」と指摘している。

それに今、府と市が一つになって進めているのがカジノ・IR誘致である。

「吉村さ~ん」と手を振る年配の女性たち。その吉村氏は維新による「改革」を誇示するあまり、こうも口走った。

「市バスの運転手さんの給料がいくらだったか知っていますか。(年収で)1000万円を超えていたのが当たり前だったのです。誰が払っているのですか、それ。おかしいじゃないですか」

思わず言葉を失った。(矢野)

固定ページ:
1

2

うずみ火の定期購読が下記からクレジットでできるようになりました。 新聞うずみ火2020年12月号

関連記事



ページ上部へ戻る