新型コロナと緊急事態宣言 生活むしばむ感染拡大

新型コロナウイルスの国内の感染者が4月18日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者を除いて1万人を超えた。特別措置法に基づく緊急事態宣言が東京や大阪、兵庫など7都府県から全国に拡大されたが、増加ペースに歯止めがかからない。各方面に経済的な影響が広がるが、新聞うずみ火の読者の中からも「このままでは生活が破綻する」と悲鳴が上がっている。(矢野宏 栗原佳子)

「コロナで潰れます! 長男の『奈良県映画センター』がコロナの影響をもろに受けています」

奈良県大和郡山市で出版社「遊絲社」を営む溝江玲子さん(82)から悲痛なメールが飛び込んできた。

奈良県映画センターは、映画館のない地域にも上質の映画をスクリーンで届ける上映運動を展開する「映画センター全国連絡会議」の奈良支部。長男の純さん(53)が自宅倉庫を改装して拠点にし、県内の市町村や小中高校、老人施設などで移動上映を担ってきた。

どんな映画を上映するか、主催者と話し合いを重ね、ポスターやチラシ、チケットなどを作って来場を呼びかける。当日はフィルムや映写機、暗幕やスクリーンなどの機材を車で運び、アルバイトと会場設営、上映後の片づけまで担ってきた。書き入れ時は夏休みで、売り上げが30万円を超えた月もあったという。

ところが、今回のコロナ禍で3、4月の上映会はすべてキャンセル。移動映画会も映画館と同じで、密閉、密集、密接の「3密」が避けられないからだ。収入がゼロになったばかりか、すでに作っていたポスターやチラシなどの制作費計11万円もかぶらねばならない。

タクシー業界悲鳴

「悲惨な戦いを強いられています」

個人タクシーの運転手、青野秀樹さん(59)からメッセージを受け、その日の夜、予約を入れた。大阪・梅田の事務所から兵庫県尼崎市の自宅まで、車中での取材をお願いした。

「きょう3人目です。25年のタクシー人生で、こんなことは初めてですよ」

感染拡大に伴うイベント自粛やテレワークの推奨、観光客の激減で人の動きが停滞し、タクシー業界を直撃している。

「3月初めはまだ人の動きはありました。しんどくなってきたのは3月末。緊急事態宣言が出された4月7日以降はピタッと止まりました。それまで1日平均3万円あった売上が4月に入ると1万円台に……。オイル交換や任意保険代、車庫代などの固定費が月割りで約15万円が飛んでいくので苦しいです」

緊急事態宣言で、車窓から見る夜の街は人影もほとんどない。阪急十三駅周辺の繁華街では至る所に客待ちのタクシーが並んでいた。すれ違うタクシーの「空車」の赤い文字がむなしく見える。

「知り合いの運転手の中には『10時間走って5000円しかなかった』とか、『売り上げが8割ほど減り、手取りが10万円を切った』という人も少なくありません。まさに生き地獄です」

固定ページ:

1

2 3 4
うずみ火の定期購読が下記からクレジットでできるようになりました。 新聞うずみ火2020年12月号

関連記事



ページ上部へ戻る