タグ:徴用工

  • 元ソウル特派員が見た日韓関係 救済されない元徴用工

    2月の「うずみ火講座」が7日、大阪市此花区のクレオ大阪西で開講し、朝日新聞記者の武田肇さんが「元ソウル特派員が見た日韓関係の現在地」と題して講演した。武田さんは2017年3月下旬から今年1月9日までの2年9カ月、朝日新聞…
  • 「元徴用工」原告女性の訴え 戦後も偏見の苦しみ

    日韓対立は改善の兆しが見られない。一昨年10月の元徴用工判決が発端となり、日本政府は輸出管理を強化し優遇対象国から韓国を除外、韓国は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定した。失効は回避されたが、韓国内にあ…
  • 金光男さん「日韓対立の背景」 歴史認識近づけよう

    新聞うずみ火主催の市民講座が2019年11月15日夜、大阪市此花区西九条のクレオ大阪西で開かれ、「在日韓国研究所」代表の金光男(キム・グァンナム)さんが「日韓関係悪化の原因は安倍政権の朝鮮半島敵視政策」と題して講演した。…
  • 徴用工問題 5憶ドルは経済協力金

    安倍政権が徴用工問題の報復措置として対韓輸出規制強化に踏み切ったことに端を発し、日韓関係は悪化の一途をたどっている。在日コリアンの人権問題などに取り組む「コリアNGOセンター」事務局長の金光敏(キム・グヮンミン)さん(4…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2021-9-12

    ピースおおさか開館30年 大阪空襲の追悼銘板に101人追加

    大阪空襲を語り継ぐ平和ミュージアム「大阪国際平和センター(ピースおおさか)」で9月12日、開館30周…
  2. 2021-8-14

    戦後76年 京橋駅空襲「生きる地獄」向かい合う

    1945年8月14日午後1時過ぎ、大阪上空に145機のB29爆撃機が来襲。目標は当時「東洋一の軍需工…
  3. 2021-8-14

    敗戦の前の日に最後の大空襲「京橋駅空襲」から76年

    終戦前日に数百人の命を奪った「京橋駅空襲」の慰霊祭が8月14日、大阪市城東区のJR京橋駅南口近くの慰…




ページ上部へ戻る