「大阪市廃止」住民投票から排除された外国籍住民 朴一・大阪市立大教授「共生の街づくりを」

大阪市を廃止して4特別区を設置する、いわゆる「大阪都構想」の住民投票(11月1日投開票)から排除された大阪市民がいる。約14万5000人の外国籍住民で、市民の5%にあたる。

今回の住民投票は「大都市地域特別区設置法」(大都市法)に基づいて実施される。大都市法は公職選挙法を準用しており、5年前の前回同様、有権者を「日本国籍を持つ大阪市民」に限定しているためだ。

先日、市内で開かれた「大阪市を廃止する危険性」を訴える学者たちの記者会見で、大阪市立大の朴一(パク・イル)教授は「外国籍住民を排除した『大阪都構想』に、大阪の未来はない」と訴えた。

MBSラジオ「ニュースなラヂオ動画班」では、外国籍住民を排除する都構想について、松井一郎・大阪市長が「投票したかったら日本国籍を取得してもらいたい」と発言したことなどについて、話を伺った。

 

 

 

うずみ火の定期購読が下記からクレジットでできるようになりました。 新聞うずみ火2020年12月号

関連記事



ページ上部へ戻る