京都大の藤井聡教授に聞く「『大阪都構想』で日本が沈没する」

大阪市を廃止し、四つの特別区に分割することの是非を問う住民投票まで1カ月を切った。今回のMBSラジオ「ニュースなラヂオ動画班」のテーマは「大阪都構想」。

反「都構想」の論客である京都大の藤井聡教授(国土計画学・公共政策論)に話を聞いた。

「住民投票で問われるのは『大阪都構想』の是非ではなく、大阪市を廃止し四つの特別区に分割することの賛否」

「『都構想』とは、何にでも姿を変える実体のない妖怪『鵺(ぬえ)』のようなもの」

「『都構想』の本質は、橋下徹氏の『大阪市から権限と金と力をむしり取る』発言」

「松井市長も認めた『二重行政はない』」

「大阪市の財源2000億円が大阪府に吸い上げられ、当然、住民サービスは低下する」

「『都構想』で大阪市が潰されると、日本は沈没する」

 

なお、次回のMBSラジオ「ニュースなラヂオ」は10月12日(月)、維新(松井一郎代表もしくは大阪市議)VS自民党大阪市議が生討論する予定です。

ぜひ、お聞きください。

 

 

 

 

 

「新聞うずみ火」の年間購読は下記からお願いします

関連記事



ページ上部へ戻る