京都アニメ放火殺人 若者の夢奪った凶行

京阪電鉄宇治線六地蔵駅の北側に広がる住宅街に立つ明るい黄土色をした3階建てビル。世界のアニメファンに「KYOANI」で親しまれる映像製作会社「京都アニメーション」(本社・宇治市)の京都市伏見区にある第1スタジオだ。多くの名作がここから生まれていた。
いつものように朝10時ごろに出勤してきた従業員らが仕事に取り掛かって間もない7月18日午前10時半頃だった。
赤いTシャツにジーンズ姿の青葉真司容疑者(41)がたまたま無施錠だった玄関から押し入ったかと思うと、「死ねー」という叫び声とともにポリバケツのガソリンと着火剤をまいてライターで火をつけた。
「ドーン」という大音響と同時に炎が一瞬で広がる。「キャー、助けてー」。逃げ惑う若い女性たちの悲鳴。しかしガソリンはあっという間に気化して爆発的な燃焼(爆燃現象)を起こしてしまう。炎は吹き抜けの階段と奥の階段から瞬時に3階に達してしまう。炎は二つの階段の「煙突効果」で一気に吹き上がったようだ。録音設備などがある1階よりも2階、3階にいた人の方が多かった。
さらにガソリンをまいたのはらせん階段の近くだった。青葉容疑者も全身に大火傷を負った。
大阪市東住吉区で小学生の娘の保険金目当ての放火殺人とされ19年間も服役した母親と内縁の夫が、後に冤罪と判明した火災事故は当初、夫がガソリンをまいてライターで火をつけたとされた。しかし「狭い所でやけどもしていないのは不自然」とされ、検証の結果、車からのガソリン漏れと判明、2人は遅すぎた雪冤を果たした。

取材3日目の7月21日。悲劇のビルの間近に行けた。前日に京都府警は現場規制を緩めたのだ。まだ焦げた臭いがしている。
涙顔で見上げる若い女性たち。若い男性は怒ったような表情で花束を抱えたまま立ち尽くしている。ミニバイクで通りかかった年配の男性や歩いていた女性も遠くから手を合わせる。ビルは窓枠が外れ、赤茶けてゆがんだらせん階段も見える。犯人が押し入った玄関は枠もない。何もかも真っ黒焦げ。中へ入って暗さに目が慣れない限りはよくわからない感じだ。一瞬、見えるのはカメラマンがストロボを光らせた時だ。ビルの下に花束はいくつか置かれていたが、警備の男性に「献花台へ持っていってください」といわれる。
必ずではないが、大事件や事故の現場に花束を置く筆者も、この日は神戸で小さな鉢植えの花を買い、現場では初日の取材でお世話になった店で水を満たしてもらった。京阪の線路脇に設けられた献花台には、日曜でもあり、六地蔵駅までずらりと続く行列に混じった。
だが並んでいる間、真後ろの若い男性がすすり泣き続けていた。てっきり知り合いが亡くなったのかと思って男性の献花後にそっと尋ねたが違った。稲垣佑二さん(37)は大阪の会社員で「京アニ」のファンだった。
「『けいおん』が大好きでした。椅子から立つときの一人一人の動きとか、全然ほかのアニメとは違うんです。楽器を弾いてる指の動きも繊細に描かれている。そんなアニメはありません。もう、アニメというより素晴らしい映像作品です」
初めて車を買った時、『けいおん』の舞台になった滋賀県豊郷町の小学校へ走ったという。「なんの変哲もない田舎の風景なのですが、あの映像と重ねてみていると、なんとも言えない気持ちになっていました。実際にある場所と結びつくのがよかった」と話した。
しかし容疑者についてきくと、「犯人のことなんか考えたくもない。名前も聞きたくない」といった。「好きだった監督さんも亡くなったみたいです」と再び泣き出した稲垣さんは駅へ戻っていった。.
夫、高校生、中学生、6歳児と3人の子供の家族5人で献花と訪れた看護師の女性(37)。「3月まで、すぐ近くに住んでいました。クリスマスのイルミネーションもきれいでした。町内会のイベントの打ち合わせとかでよく京アニさんへ行きました。作品の原画が飾られていて子供たちも見ることができました。よくしてくださった責任者の男性が亡くなったのでは」と心配顔だ。
まだ犠牲者名が公表されず、報道陣も遺族や友人の取材がほとんどできていない。記者が盛んに名を聞こうとするが「それは」と拒否して去っていった。

支援を呼びかける米国のクラウドファンディングではあっという間に1億数千万円に達したという。
イギリスのニューカッスルではアニメイベントが開かれ、募金が行われた。現場にいたロイター通信の東京支社の記者ティム・ケリーさんは発生日から取材している。
「あんなやり方の放火は防ぐのが難しいでしょう。あの犯人の精神形成面を解明してそういう風にならないようにしていくことが大事と思います」と堪能な日本語で話した。
献花台も英語や中国語などの感謝や、スタッフへの励ましが書かれていた。現場は海外メディアの取材班も驚くほど多かった。
4月のパリ、ノートルダム寺院の火災も世界的な財産の損失だが人命が奪われてはいない。京都では世界に誇る日本文化の担い手たちの命が一人の男の「狂気」によって一瞬に奪われてしまった。多くは若者で6割以上が女性だ。
死者34人、重軽傷34人(7月22日現在 容疑者含まず)。これは放火殺人としては平成以降で最悪だ。2008年の大阪のビデオ店放火事件の16人の倍以上の犠牲者数だ。放火に限らない殺人事件としても1938年に岡山県で起きた猟銃による「津山30人殺し」を上回る史上最悪の犠牲者数である。
午前10時半頃、「爆発音とともに建物全体から煙が出ている」の通報で消防が駆け付けたが、あまりの猛煙と火勢で救助ができない。第一工場からは一時、噴火のような黒煙が昇っていた。
消防士がやっと3階に入れたのは午後2時頃だ。1階にいた人や、けが覚悟で2階から飛び降りた人は助かったが、3階から屋上へつながる階段付近は、19人が折り重なるように倒れていた。
消防の調べでは屋上に出る扉の鍵はかかっておらず、重いやけどや呼吸困難で力尽きたのか。大半は一酸化中毒だったという。火災発生時、ビルにいた従業員や取引関係者など74人の大半は猛火に驚き、不幸にも上へ、上へと逃げてしまった。
22日に開かれた京都市議会での山内博貴・市消防局長の説明では、ビルは消防法上の違反はなく防火訓練も適宜に行われていた。消防局から表彰もされていたという。らせん階段も上階への延焼を防ぐ「垂れ壁」があったという。そんな物が役に立たない火勢だったのだろう。このビルは食堂もなく火を使わないので、規制は厳しくなかった。

「朝の10時35分頃、踊りの稽古のテープを回したら、ドーンという音がした。子供がボールでも壁にぶつけたんかと思ったら、すごい臭いがしてきた。外へ出ると京アニさんから激しく煙が上がっていた。消防団にガレージを貸すと担架で若い女性が運ばれてきた。服は焼けただれていた。息はあったけど放心状態でした」と振り返るのは、六地蔵駅前で日本舞踊を教える女性。一緒にいた女性は「スタジオ前の道をいつも通るので弁当を買いに出る社員さんによく会います。みんないい子たち。こんなことになるなんて」と目を伏せた。大きな爆発音は2回。後はボン、ボンと散発的に音が聞こえたという。
大やけどをしながら、青葉容疑者は現場から南の同駅方向へ逃げていた。近くでエステサロンを営む女性が語ってくれた。「朝10時35分頃にインターホンが鳴った。人影が映ってなかったけど飼い犬が鳴くので出たら左側に男性が仰向けで倒れていた。腕は皮がめくれ上がり、すねから下がむき出しでジーンズから煙や火が出ていた。近所の人に冷やしたらな、と言われてホースで水をかけ、声をかけたけど返事はなかった。やってきた警官とのやり取りを聞いて、被害者じゃなくて放火犯と知り仰天しました」
警官の「何したんだ。どうしてそんなことした」や、青葉容疑者の「パクりやがって。

ガソリンまいてチャッカマン(多目的ライター)で火つけた。チャッカマンは投げた」などが聞こえたそうだ。「京アニに恨みがあるような言い方もしてたけど息遣いはとても苦しそうでした」。
女性は「京アニさんはクオリティの高い作品を作れる優秀な子ばかりと聞きます。日本の財産が失われた気持ちです」と悔しがった。
青葉容疑者は、スタジオから500㍍ほど西のガソリンスタンドで「発電機に使う」と20㍑の携行缶二つにガソリンを購入し、台車で運んでいたとみられる。
筆者も大型バイクに入れるため、神戸で時折、携行缶で買うが最初に運転免許証をコピーされ、その後はサインして買っている。大阪のビデオ店やパチンコ店でガソリンによる放火で多数の犠牲が出たことから、規制が強まったが、自治体によって異なり、京都は緩かったようだ。
青葉容疑者は病院で意識不明に陥り聴取ができないが、警官に「小説を盗みやがった」と話したという。「パクられた」とは剽窃のことなのか。京アニでは小説も募集しているが、容疑者の応募した記録はない。今のところ、小説などを書いていたという情報もない。
犯行時はさいたま市在住だが、茨城県にも住んでいた容疑者はアパートでも近隣トラブルが絶えず、コンビニ強盗事件を起こして懲役刑に服役していた。精神疾患の可能性もあるという。これは報道で見ただけだが。容疑者に騒音発生源と勘違いされた男性が説明すると「うるせえ」「殺すぞ」「余裕ないんだ」などと胸ぐらをつかまれて凄まれたという。青葉容疑者は県庁の非常勤職員として文書集配などをしていたがやめてしまったらしい。

容疑者は犯行の数日前に京都入りして準備していたようだ。
事件3日前に宇治市のホームセンターで台車と携行缶、ライターなどを買っていたことが防犯カメラから判明。リュックに入っていた包丁数本やハンマーは別の場所で入手したらしい。事件前日には近くの公園のベンチで寝ているのを目撃されている。行ってみるとベンチは高架下で雨もしのげる。
前述のエステサロンの女性によると、前日に知人女性が容疑者とみられる人物と遭遇したが「目つきも変だった。異様な雰囲気で怖かった」と話していたという。
容疑者は京アニに勤務していた経歴はない。八田英明社長は「数年前から死ねとか、殺人(予告)メールみたいなのが会社にもあった」と話すが、「青葉容疑者の名は聞いたことがない。41歳というならわからないはずはないが」と首を傾げる。青葉容疑者は警官に確保される時に「社長を出せ」と叫んでいる。ならばなぜ、一駅離れた宇治市の本社に行かなかったのか。本社とスタジオが離れていることも知らなかったのか。それでも、普段は施錠している工場の玄関が、この日は来客のために開放されていたことを知っていたのだろうか。
青葉容疑者は20日に京都の赤十字病院からやけど専門の治療施設がある近畿大学付属病院(大阪府狭山市)にヘリで運ばれたが、「犯人の意識不明は麻酔の投与のし過ぎでは」という噂まであった。
22日現在、容体はまだ予断を許さない。一方、犠牲者の名前もまだ公表されていない。遺体の損傷が激しいためにDNA鑑定が必要なのだ。
植田秀人本部長が現場を訪れた20日、京都府警は建造物放火と殺人の両罪容疑で逮捕状を取ったが、23日現在、執行できないままだ。府警は「事件の重大性に鑑みて」として、逮捕しないうちに青葉容疑者の名を公表するという事件史上でも異例の措置を取った。(ジャーナリスト 粟野仁雄)

うずみ火の定期購読が下記からクレジットでできるようになりました。 新聞うずみ火2020年12月号

関連記事



ページ上部へ戻る