アーカイブ:2019年 3月

  • 新聞うずみ火ニュースデフォルトイメージ

    森裕之・立命館大教授に聞く 「都構想」百害あって一利なし

    維新がこだわる「都構想」とは何か。万博誘致やカジノとの関連は。地方財政の専門家で、維新政治をウオッチしてきた立命館大学の森裕之教授に聞いた 大阪市を廃止して四つの「特別区」に分割するというもの。大阪市がバラバラにさ…
  • 特集「大阪ダブル選」 「都構想」に決着を

    任期途中の辞職表明に伴う大阪府知事選が3月21日、大阪市長選が24日告示された。知事選は、自民党、公明党府本部が推薦する元副知事の小西禎一氏(64)と大阪維新の会政調会長で前市長の吉村洋文氏(43)、市長選は自民党、公明…
  • 新聞うずみ火ニュースデフォルトイメージ

    宮古島・奄美大島 南西諸島 進む基地開設

    「防衛の空白を埋める」などとして政府が南西諸島で進める陸上自衛隊の配備計画。3月末には宮古島と奄美大島に新しい基地が開設された。現地を取材した。(栗原佳子) クリーム色の外壁と赤瓦の屋根。3階建ての真新しい隊舎が並…
  • うずみ火講座「フクシマ8年」 原発事故の深刻さ再確認

    東日本大震災から8年を控えた3月9日、新聞うずみ火は今年も大阪府熊取町にある京都大学複合原子力科学研究所(旧京大原子炉実験所)研究員の今中哲二さんを講師に迎え、大阪市此花区のクレオ大阪西で「うずみ火講座」を開いた。今中さ…
  • 韓国3・1独立運動100年 民主化原点の刑務所

    日本の植民地支配に抵抗して起きた「3・1独立運動」から100年を迎えた3月1日、韓国ソウル市内でさまざまな記念行事が行われた。ソウル中心部の光化門(クァンファムン)広場で開かれた政府式典では、文在寅(ムン・ジェイン)大統…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 「空襲なんて怖くない」と歌った友も…那覇の街も青春も奪った 10.10空襲から77年

    2021-11-27

    「空襲なんて怖くない」と歌った友も…那覇の街も青春も奪った 10.10空襲から77年

    Published by 琉球新報 旧那覇市を中心に米軍の大規模な空爆を受けた194…
  2. 2021-11-23

    「治安維持法」は絵画も弾圧した…100歳になった“最後の証人”が伝えたいこと 北海道旭川市

    Published by 北海道放送 …
  3. 2021-11-23

    『9歳の心は傷ついた』 浜崎典子さん

    Published by 長崎新聞 原爆の時、私は鹿町(現在の佐世保市)に住…




ページ上部へ戻る