うずみ火とは?

「うずみ火」とは・・・

「灰に埋もれた炭火」のこと。「埋み火」「埋火」とも書きます。

その昔、火の神をまつる囲炉裏の火は絶やしてはならないとされてきました。

そのため、寝る前に火種を消すことなく囲炉裏の灰の中に埋め、火種を守ったということです。

灰の中に埋もれた火種は消えません。消えることなく、翌朝、新たな火種となる・・・。

戦争体験者の平和を願う思いを私たちの代で受け継ぎ、消すことなく次の世代へバトンタッチしたいと、「うずみ火」と題した月刊の新聞を発送しています。

2021年2月号

「新聞うずみ火」とは・・・

32ページの小さな「新聞」だが、一人ひとりの生活の大切さ、生活の中の喜怒哀楽を紙面に盛込んでいきたい。

黒田清さんの命日である毎月23日に発送しています。

毎月300円であなたにお届けしています。

定期購読はこちら

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2021-2-20

    新聞うずみ火に「第3回 むのたけじ賞」大賞 「地域的土着性と政治的全国性」を評価

    101歳で亡くなるまで反戦を訴え続けた不屈のジャーナリスト、むのたけじさんの精神を受け継ぐため創設さ…
  2. 2021-2-16

    「うずみ火講座」再開 3月12日(金)「熊取6人組」今中哲二さん、福島第一原発の現状と課題を語る

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、年明けから「うずみ火講座」の開催をお合わせていま…
  3. 2021-1-25

    大阪朝鮮高級学校ラグビー部「花園」ベスト4 逆境とも堂々闘う

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で開催された「第100回全国高校ラグビー大会」。大阪朝鮮高…



ページ上部へ戻る