うずみ火とは?

「うずみ火」とは・・・

「灰に埋もれた炭火」のこと。「埋み火」「埋火」とも書きます。

その昔、火の神をまつる囲炉裏の火は絶やしてはならないとされてきました。

そのため、寝る前に火種を消すことなく囲炉裏の灰の中に埋め、火種を守ったということです。

灰の中に埋もれた火種は消えません。消えることなく、翌朝、新たな火種となる・・・。

戦争体験者の平和を願う思いを私たちの代で受け継ぎ、消すことなく次の世代へバトンタッチしたいと、「うずみ火」と題した月刊の新聞を発送しています。

2021年2月号

「新聞うずみ火」とは・・・

32ページの小さな「新聞」だが、一人ひとりの生活の大切さ、生活の中の喜怒哀楽を紙面に盛込んでいきたい。

黒田清さんの命日である毎月23日に発送しています。

毎月300円であなたにお届けしています。

定期購読はこちら

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2021-5-9

    「入管法改悪反対」「収容しないで」弁護士や人権団体が大阪で抗議のデモ

    不法に在留する外国人の収容などを見直す出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案について、衆院法務委員…
  2. 2021-5-9

    大阪の医療現場から切実な声「すでに命のトリアージが始まっている」~ニュースなラヂオ動画班

    大型連休中も一向に収まらなかった新型コロナウイルス感染拡大。特に、大阪では新規感染者10人のうち1人…
  3. 2021-5-5

    クーデターから3カ月 神戸でミャンマー人ら350人が抗議集会

    「アウン・サン・スー・チー氏を釈放しろ」「ミャンマーの民主化活動を勝利するぞ」――。ミャンマーで軍事…



ページ上部へ戻る