アーカイブ:2019年 5月

  • 高齢ドライバーと事故 「とっさの対処」大丈夫?

    高齢ドライバーによる重大事故が後を絶たない。75歳以上の運転免許返納は進んでいるのか。生活のため車を手放せない人はどうすればいいのか。高齢者の運転に詳しい立正大教授の所正文さんに話を聞いた。(矢野宏) 高齢…
  • 天皇代替わりと祭祀 現人神とせぬために

    行く先々で目にする「奉祝 令和」の垂れ幕。新天皇即位後の世論調査では8割もの人が「親しみを感じる」と回答するなど、世の中が祝賀ムードに染まったかのようだ。秋には即位の礼と大嘗祭があり、すべて公費で賄われる。政府は「極めて…
  • 新聞うずみ火ニュースデフォルトイメージ

    京大の琉球人遺骨「盗掘」 子孫ら返還求め提訴

    琉球人の遺骨返還を求める初めての訴訟が京都地裁で始まっている。旧京都帝大の人類学者が1929年、沖縄県今帰仁村にある「百按司墓(むむじゃなばか)」から遺骨を持ち出した問題で、子孫ら5人が遺骨を保管する京都大学に返還と損害…
  • 岩国フレンドシップデー 市人口上回る来場者

    5月5日、米軍岩国基地(山口県岩国市)で年に1度、一般公開されるイベント「フレンドシップデー」が行われた。米軍の空母艦載機など60機が米軍厚木基地(神奈川県)から移駐を終えて丸1年。極東最大級の軍事基地となった街で市民は…
  • 映画「ニジノキセキ」 阪神教育闘争伝えたい

    連合国軍総司令部(GHQ)の占領下で起きた、在日朝鮮人による民族教育への弾圧事件「阪神教育闘争」をテーマにしたドキュメンタリー映画「ニジノキセキ」が神戸に続き、大阪や京都でも公開される。71年経ったが、朝鮮学校は国の高校…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2021-2-20

    新聞うずみ火に「第3回 むのたけじ賞」大賞 「地域的土着性と政治的全国性」を評価

    101歳で亡くなるまで反戦を訴え続けた不屈のジャーナリスト、むのたけじさんの精神を受け継ぐため創設さ…
  2. 2021-2-16

    「うずみ火講座」再開 3月12日(金)「熊取6人組」今中哲二さん、福島第一原発の現状と課題を語る

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、年明けから「うずみ火講座」の開催をお合わせていま…
  3. 2021-1-25

    大阪朝鮮高級学校ラグビー部「花園」ベスト4 逆境とも堂々闘う

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で開催された「第100回全国高校ラグビー大会」。大阪朝鮮高…



ページ上部へ戻る