「第3回むのたけじ賞」受賞式で大賞に新聞うずみ火 「努力賞であり、激励の賞」矢野あいさつ

不屈のジャーナリストむのたけじさんの精神を受け継ぎ、地域の問題を掘り下げ、民衆の声を伝える活動をしている個人、団体を顕彰する「むのたけじ地域・民衆ジャーナリズム賞」の第3回受賞の集いが3月21日、東京都文京区の文京シビックセンターで開かれた。大賞を受賞した新聞うずみ火に、共同代表でルポライターの鎌田慧さんから賞状と記念の盾、「復刻版のたいまつ」の目録が贈られた。

むのさんは戦時中、朝日新聞の従軍記者として戦地に赴きながらも、戦争の実態を伝えてこなかった責任を感じて退社。戦後、郷里の秋田県横手市に戻って「たいまつ新聞」を30年間発行した。「むのたけじ地域・民衆ジャーナリズム賞」は、むのさんの精神を後世に伝えようと、地域に根差し、民衆の声を伝える活動をする個人・団体を発掘して顕彰するため、2018年に創設された。

最終選考に当たる共同代表は、鎌田さんのほか、作家の落合恵子さん、元朝日新聞記者の轡田隆史さん、評論家の佐高信さん、元「一水会」代表の鈴木邦男さん、武蔵大教授の永田浩三さん、むのさんの次男の武野大策さん。

鎌田さんは大賞に関して、「灰に埋もれたが燃え続ける『うずみ火』は、むのさんの『たいまつ』に通じるところがある。共同代表全員が高く評価した。むのさんの精神を受け継いでこれからも頑張って下さい」と挨拶。永田さんは「『大阪都構想』のでたらめさを訴えるなど、新聞うずみ火が果たした役割は大きい。愛知トリエンナーレや自主避難者など多面的に続けてこられたことを高く評価する」と激励した。

お礼のあいさつをする矢野

賞状を受け取った矢野は「恩師である黒田清さんが『いい新聞はいい読者が作る』とよく言ってました。いい新聞かどうかわかりませんが、うずみ火はいい読者に支えられています」とお礼の言葉を述べた。

なお、「第4回むのたけじ賞」の作品応募の集いは6月5日(土)、大阪府豊中市の「とよなか男女共同参画推進センターすてっぷホールで開かれる。佐高さんの講演のほか、轡田さん、武野さんと第3回受賞者とのシンポジウムが予定されている。

うずみ火の定期購読が下記からクレジットでできるようになりました。 新聞うずみ火2020年12月号

関連記事



ページ上部へ戻る